東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、福島、栃木でリフォームをお考えなら、TOKAIWiLLリフォーム

  • 静岡TOKAIWILL
  • お問い合せ
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 価格から探す
  • TOKAIが選ばれる理由
  • よくある質問
  • 暮らしのアドバイス
プランナーの独り言
トップページ > プランナーの独り言 > プランナーの独り言(山室)2017.04.01:ペットと暮らすときに便利なアイテム
  

一級建築士
二級福祉住環境コーディネーター

山室 幸子


ペットと暮らすときに便利なアイテム
 春です!引っ越しのシーズンですね。
 最近はペットOKの分譲住宅や賃貸物件も増えてきました。
 そこで今回は、室内でペットと共に暮らすときに便利な
アイテムを、少しご紹介したいと思います。


汚れ対策について
 ペットが家の中にいると、抜け毛やよだれの飛び散り、おもらしなどで床や壁が汚れる場合があります。そのままにしておくと、カビやダニなどの原因になったり、臭いも気になりますよね。なるべく早く汚れを除去したいものです。空気清浄器を使うのも手ですが、そもそも、汚れが付きにくい家に変えてみませんか?
 床は、水拭きにつよくて傷つきにくく、ペットが滑りにくいフローリング(既存の床の上に貼ることも出来ます。)にしてみたり、部分洗いができて、防水層が施してあり、おしっこが下にもれにくいカーペットを敷いても良いですね。
 壁は、ヨダレや体のすり汚れが定着しにくいパネルがあるので、腰壁に貼るとキレイが長続き!
 腰壁・カーペット
▲腰壁-レセプトハードタイプ/DAIKEN



畳
▲畳-ここち和座 敷き込みタイプ/DAIKEN
 傷・汚れに強い畳風フロア
 なんと、畳でもペットに配慮したものがあります。和紙をこよりにして、表面を樹脂コーティングした畳おもてなら、カビ・ダニの発生をおさえ、イグサおもてに比べて約3倍の耐久性です。防汚加工されているので撥水性に優れ、万一飲み物をこぼした場合でも、拭くだけでキレイに。日焼けや色あせもしにくく、美しさが長持ち。これなら、ペットが畳の部屋に入ってきても、そんなにあわてなくて大丈夫そうですね!フローリングの上に置くタイプもあります。
 畳の編み方やカラーが豊富なので、壁紙や建具の色などに合わせ、お気に入りのコーディネートを見つけてください!私どもプランナーが、お手伝いさせていただきます。



わが家の場合
 わが家は築8年くらいなのですが、新築当初はペットのことは全く考えていませんでした。しかし、築2~3年くらいしたときに犬が飼いたくなり、柴犬をわが家に迎え入れました。いざ一緒に暮らしてみると、外に出しっぱなしにすることも出来ず、朝は外の庭先に出し、夜になるとブラッシングや足を洗い終えてから、室内のゲージに入れるようにしています。ゲージの廻りにだけダイニングテーブルの下に敷くようなフローリング調のビニールマットを敷き、壁にはよだれが飛ぶのを防ぐために、テーブルクロスを腰壁部分に貼ってしのいでいますが、見た目がイマイチ…フローリングも通常のものなので、犬が滑ったり、引っ掻き傷がいたるところについています…こんなことなら、最初からペット配慮型のものにしておけば良かったと思っています。
 しかし今は、リフォームすればほとんどはなんとかなるので、頃合いを見計らって、わが家もペット対応の家に改造していきたいと思います!みなさんもぜひ、ご検討されてみてはいかがでしょうか!? 
 IMG_0798画質補正
▲わが家の柴犬 官兵衛




 バックナンバー



ページ先頭へ戻る