東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、福島、栃木でリフォームをお考えなら、TOKAIWiLLリフォーム

  • 静岡TOKAIWILL
  • お問い合せ
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 価格から探す
  • TOKAIが選ばれる理由
  • よくある質問
  • 暮らしのアドバイス
プランナーの独り言
トップページ > プランナーの独り言 > プランナーの独り言(真塩)2019.06.01:シロアリのお話し
  
一級建築士
インテリアコーディネーター

真塩 郁子


春、さわやかな風が気持ちのよい季節になってきました。


も活動が活発になってきます。
この時期、お問合せも多くなるシロアリについてお話させて頂きます


シロアリの見分け方。

暖かくなってきたある日突然、家の中に羽の付いた小さな虫がたくさん這いだしてきて驚くことがあります。虫の中には家に大きな被害をもたらすものもあるので、知っておくことも大事になります。

住まいの湿った場所を好んで木材などを食い散らかすのがシロアリです!

シロアリの特徴は
①シロアリの触角はL字型でよく見ると、球体が数珠のように連なっています。
②シロアリの胴体は寸胴です。くびれがあるのはふつうのアリ。
もっとも特徴的なのは4枚の羽根の大きさがほぼ同じです。
 ふつうのアリは前後に大きさが違います。




     シロアリ(羽アリ)
あり1
   あり1

   


   あり5
   あり6




 シロアリ(羽アリ)をみつけたら


上記の特徴に当てはまらないとしたら、ふつうのアリの可能性も高いです。
家の被害についてはないでしょう。

しかし、もし大量に発生したシロアリを自分で駆除することは一時しのぎにしかなりません。発生の原因や被害の状況を確認し最適な対応をするために、専門家に依頼しましょう!

自分でできる予防のしかた
家の周りに木材などを置いてるのを見かけますが、廃材やウッドデッキには薬剤を散布したほうがよいでしょう。
また、枯た木はできるだけ根っこごと撤去するようにしましょう。

水廻りや屋根裏など羽アリが侵入しやすいところに薬剤散布すると効果的です。


長く安心して住まうために、シロアリ予防についても
対応していくことが大切ですね 


                       みんな






 バックナンバー



ページ先頭へ戻る