東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、福島、栃木でリフォームをお考えなら、TOKAIWiLLリフォーム

  • 静岡TOKAIWILL
  • お問い合せ
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 価格から探す
  • TOKAIが選ばれる理由
  • よくある質問
  • 暮らしのアドバイス
プランナーの独り言
トップページ > プランナーの独り言 > プランナーの独り言(手島)2014.05.01ダンスと床の話
  
一級建築士・インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター2級・第2種電気工事士

手島 尚美


ダンスと床の話

こんにちは。今年のGWは飛び石ですがみなさまはどのようにお過ごしですか?連休中は天気がいいようで、外に出るのが気持ちいい季節になりましたね。

  IMG_1577-1
   
 

私の趣味の1つにダンスがあります。思い起こせば10年ほど前、心身共にかなり厳しい状況にあった時、ふとTVでやっていたHIP HOP系のダンスを観て、「私も元気になったらやってみたいなぁ・・・」と思ったのがきっかけでした。その後しばらくして、未経験では勇気のいる年齢でしたが思い切ってダンススタジオへ(笑)。今ではいろんな種類のダンスに挑戦してみたり、ダンスを通して出会った素敵な人達とのつながりができ、始めて本当によかったと思っています。

 ちなみにダンスの身体への効果ですが、有酸素運動と音楽、運動学習といった様々な要素が組み合わさっていて、ダンスをするだけで全身運動という肉体的な健康効果だけでなく、脳に与える影響もあるそうです。特に脳の機能低下を防ぐ役割がダンスにはあるといわれています。


今回はそんなダンスにとって重要な、床についてちょっとお話したいと思います。もちろんダンスをされない方にも知っておいて損はない情報です!


ダンスフロアには大きく分けて2種類あります。

ひとつは無垢のフローリング。フローリングは、合板などの基材の上に化粧木目シートや突き板(天然木を薄く削いだもの)を貼った複合フローリングと、天然木そのままの一枚板である単層フローリング(無垢材)に分かれます。

 

複合フローリングの場合、表面の塗装がシューズに合わなかったり、わずか0.3~0.6mmの材料が貼ってあるためにすぐに痛んでしまうのですが、無垢材の場合はそのような心配は無く、さらに適度に弾力性があり、足首や膝にやさしいといえます。その上1枚板ですので、傷んできたなと思ったら表面をほんのちょっと削ってしまえばまたもとの状態に戻れるため、長い目で見ればメンテナンス性に優れています。

 

実際無垢フローリングを素足で歩くと、複合フローリングより質感が「やわらかい」と感じる方は多いようです。

  0102_DK927-01_0171[1]
 ↑複合フローリング構造







yjimageCAE61KOV

  
  ↑無垢フローリング断面


s_A_LINO_9626_12_02H
  img60447964[1]
リノリウムにもたくさんの
カラーがあります
   

floor_tm_02[1]

                  
東リのTMシートはダンスのためのフロアシートです                                                                                       
   

もうひとつはシート材です。

シート材といえば塩ビ(塩化ビニル)シートが一般的で、本当に様々な種類がありますが、ダンスに適したものの代表は「リノリウム」と呼ばれるシートです。

リノリウムは塩ビシートと一緒のように言われることがありますが、実際は原材料が全く違っていて、塩化ビニルではなく亜麻仁油を原材料とした天然素材で出来ています。こちらは無垢材よりも滑りにくく、適度な弾力性があり、やはり身体に優しい床材です。化学物質が含まれていないため、医療、教育施設の床材としても使用されています。

 

ただ塩ビシートにも最近ではバレエ・ダンス専用のものも登場しています。特に東リの「TMフロア」は、松山バレエ団と共同でダンス用に開発した商品で、防滑性や弾力性に優れつつも適度な硬さを備え、さらに耐熱性や耐摩耗性も兼ね備えたものになっています。

 


IMG_1594-1

わんちゃん
人間だって犬だって、自然でやさしい素材が一番いいんですね
 

ただ両方に言えることですが、大事なのはその床材を貼る下地まで、です。コンクリートの床の上に直貼りすると硬さが出て台無しですので、下地は状況に応じてクッション材や木材の2重貼りをすることで快適なフロア環境になります。

 

そしてお気づきでしょうが無垢材とリノリウム、どちらも天然素材なんですよね。ダンスフロアだけでなく、住宅の床材としても適した素材なんです。やはり人間の足には自然のものが一番いいということに気付かされますね。

ちなみにこの2つの床材は、室内で飼っているワンちゃんネコちゃんの足にもとってもいいんです。実は滑りやすく硬いフローリングが原因で、ペットの関節トラブルが増えているんですよ。

ただし自然素材であるが故の高価格、傷がつきやすく、耐水性・対候性が悪いなどのデメリットもあります。身体に優しいことが優先か、お手入れ簡単が優先か、ご自宅で使うにはよく検討したほうがいいということですね。。。

 


 床の話はここまでにして、いずれにしてもストレスで喫煙・暴飲暴食に走るより、ダンスで汗と一緒にストレスを流せて肥満防止にもなり一石二鳥!みなさんにもぜひお薦めですよ!


 バックナンバー



ページ先頭へ戻る