東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、福島、栃木でリフォームをお考えなら、TOKAIWiLLリフォーム

  • 静岡TOKAIWILL
  • お問い合せ
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 価格から探す
  • TOKAIが選ばれる理由
  • よくある質問
  • 暮らしのアドバイス
プランナーの独り言
トップページ > プランナーの独り言 > プランナーの独り言(磯田)2016.09.01『避暑地 日光』のすすめ
  
インテリアコーディネーター・福祉住環境コーディネーター

磯田 かほり


あっという間に9月に入り、そろそろ朝夕は涼しくなってくるころでしょうか?私は、先日のお休みに涼を求めて日光へ行ってきました。そんな私のお勧めの場所をいくつかご紹介したいと思います♪ 


日光といえば、中禅寺湖!

日光には、中禅寺湖の豊かな自然や国際避暑地の歴史とのふれあいが楽しめる公園があります。
明治中頃から昭和初期にかけて、中禅寺湖畔には各国の大使館をはじめ多くの外国人別荘が建てられ、国際避暑地として賑わいました。

 
○英国大使館別荘 記念公園○
英全体
英国の外交官で明治維新に大きな影響を与えたアーネスト・サトウの個人別荘として明治29年に建てられ、その後、英国大使館別荘として長年使われてきた姿に復元したものです。
設計にあたっては、明治以後の日本建築界の基礎を築いたジョサイア・コンドルのアドバイスもあったようで、実際にコンドルとともに別荘予定地を訪れボートハウスの位置やテラスの形状などを打合せしたそうです。
内部では、国際避暑地として歴史や当時の英国文化について紹介しています。2階には手仕事の復興と産業デザインの改良を目指す「アーツ・アンド・クラフツ運動」などの美しい作品を目にすることが出来ます。
そしてまた、ビクトリア朝の中ごろから貴族の間で起こった文化・アフタヌーンティーについては、実際に美味しく体験できるお楽しみも!もちろん2階の広縁からも、サトウがこよなく愛した中禅寺湖畔の『絵に描いたような風景』を満喫することができます。
   英モリス    英内部①    英トイレ

真壁や格天井など造りは和風ですが、色彩や柄で空間のイメージがガラリと変わります。ウィリアム・モリスの壁紙は一般住宅でも選ぶことができます近代デザイン史上に大きな影響を与えたウィリアム・モリスのデザインは一世紀以上を経た今日でも少しも新鮮さを失わず、世界で根強いファンに愛され続けています。アクセントとしても素敵ですが、上部の壁に個性的な柄を選んだこちらのトイレはとても印象的でした。

英広縁からの景色

中禅寺湖の絶景を望む「石積み三段テラス」

○イタリア大使館別荘 記念公園○
伊全体写真
英国大使館別荘から5分くらい歩くと、イタリア大使館別荘があります。イタリア大使館別荘は本邸と副邸があり、昭和3年にイタリア大使館別荘として建てられ、平成9年まで歴代の大使が使用していたものです。
本邸は床板や建具、家具などをできる限り再利用して復元し、副邸は住時の歴史を紹介する『国際避暑地歴史館』として整備しています。
本邸の庭から中禅寺湖にかけてまっすぐ伸びた桟橋は、別荘の行き来や買い物の際にヨットを利用していた名残で、毎週のようにヨットレースなども開催され湖面を滑るヨットは夏の風物詩だったそうです。
著名な建築家で外交官でもあるアントニン・レーモンドの設計により建設されたもので、湖の景観を最大限に活かした設計となっています。
パターンを変えながら杉皮張りで仕上げられた内外装も大きな特徴で、豊かな自然に調和し、ゆったりと時間を過ごした避暑地生活を彷彿とさせる国際避暑地のシンボルです。
   伊一階全体     伊副邸

伊桟橋からの景色桟橋からの絶景

今回私が行った時は、あいにくのお天気で霧がかっていましたが、またそれも幻想的な雰囲気でとても素敵でした。どちらの大使館別荘も広縁からの中禅寺湖の景色は必見です!
そして、行った際にはぜひ共通券を購入してどちらの大使館も行ってみることをお勧めします!
次は紅葉の時期に遊覧船に乗って中禅寺湖から大使館を眺めてみたいなと思いました。


○菖蒲ヶ浜キャンプ場○
菖蒲が浜
日光国立公園内、男体山の麓、中禅寺湖の湖畔に位置し、緑に囲まれ、水のせせらぎを聞きながら、ゆっくりと楽しめるキャンプ場です。自然の中に身を置き、のんびりと空を見上げると、都会にはない空の色、空気の香り、時間の流れ、夜には満天の星空、普段ではあじわえないさまざまの物を、目で、耳で、鼻で、口で、全身で感じ取ることができます。
私は毎年お盆に行くのですが、宇都宮で30°を超える真夏日でも菖蒲ヶ浜は25°前後ととても過ごしやすく夏でも快適にキャンプができます。観光地からも近く、観光とキャンプを一緒に楽しむこともできるのでぜひお勧めです。
運が良ければ野生のシカに会えるかも!




 バックナンバー



ページ先頭へ戻る