東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、福島、栃木でリフォームをお考えなら、TOKAIWiLLリフォーム

  • 静岡TOKAIWILL
  • お問い合せ
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 価格から探す
  • TOKAIが選ばれる理由
  • よくある質問
  • 暮らしのアドバイス
プランナーの独り言
トップページ > プランナーの独り言 > プランナーの独り言(手島)2020.01.07:白川郷の魅力
  
一級建築士・インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター2級


白川郷の魅力


明けましておめでとうございます。
2020年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて年は明けてしまいましたが、今回は昨年訪れた白川郷についてご紹介したいと思います。

私は行ったときは実りの秋で、白川郷を見下ろせる高台にはコスモスの花が咲いており、田んぼも稲刈り真っ最中でした。

20190920_103343
 20190920_090233
 白川郷は何件か屋内を見学できる家があります。
私は2ヵ所入ってみたのですが、中は家ごとに少しずつ違うようでしたが、
基本的には1階がとても天井の高い空間で台所や居間・客間のあるフロア、中二階がある家もあり倉庫やお手伝いさんの部屋になっていました。

20190920_092405
 20190920_092916





20190920_093946                 

そして急な階段を上へあがると、合掌造りの醍醐味ともいえる屋根裏部屋へ。
雪の季節が長く、農地も少なかったことから、白川郷ではこの屋根裏を利用して養蚕がおこなわれていたそうです。
20190920_093332

この独特な切り妻屋根の合掌造りは、外から見ると掌を合わせたような形に見えることからついた名称で、屋根の傾斜は約60度ほど。
雪が積もっても自然と落ちるように少し急な角度になっています。

寄棟ではなく切り妻屋根にすることによって屋根裏も広くなり、両側の窓から日差しや風が通り抜けることができます。

また外側を近くで見ると屋根の上に載せられたわらの厚みに驚かされます。屋根の吹き替えは30~50年に一度行われ、大人数での一大作業になるそうです。


20190920_101235
   
  20190920_094139
    
20190920_093858           20190922_084754ちなみに白川郷を世界に最初に広めたのはドイツの建築家ブルーノ・タウトです。彼は1933年から3年ほど日本に滞在し、日本建築を見て回ったそうです。1935年に白川郷も訪れ、高い評価をつけたとのことで、それからちょうど60年後の1995年に世界遺産に登録されました。

おまけですが私が一番驚いたのは海外からの観光客で、特に中国人の方々がたくさん来ていました。さすが世界遺産の場所ですが、最近は火事騒ぎもありましたし、マナーを守ってこの美しい風景を残していきたいなと思いました。

←お土産屋さんのビニール袋も素敵です!                     



 バックナンバー



ページ先頭へ戻る