東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、福島、栃木でリフォームをお考えなら、TOKAIWiLLリフォーム

  • 静岡TOKAIWILL
  • お問い合せ
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 価格から探す
  • TOKAIが選ばれる理由
  • よくある質問
  • 暮らしのアドバイス
プランナーの独り言
トップページ > プランナーの独り言 > プランナーの独り言(手島):2015.10.01 山ガール?デビュー
  
一級建築士・インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター2級・第2種電気工事士

手島 尚美


山ガール?デビュー

今年はお盆休みに引き続きシルバーウィークもあり、お天気にも
恵まれてよかったですね。今回はそんな連休中の1日をちょっと
ご紹介します。


シルバーウィークは泊りがけで旅行はできなかったのですが、天気もよかったので日帰りで
自然を感じられるところに行きたい!
そんな思いから東京在住の私が頭に浮かんだのは高尾山。

高尾山は5年位前に一度行ったことがあり、そのときは軽い気持ちで、お昼頃に頂上についてお弁当でも食べられたらいいね~なんて感じでしたが、今回は「山登り」という気持ちで行くことにしました。
「山登り」にはシューズが重要!と言われた私は前日にあわててトレッキングシューズを購入することに。
ちょっとお値段は張っちゃいましたが、普通のスニーカーと違って防水性やホールド力があり、買ったら急に楽しみに♪
 
2015-09-26 10.22.47





all_course_2014    さて当日、朝6時半の電車に乗り込みいざ出発!
私の住まいは東京の千葉よりなのですが、それでも1時間半ほどで高尾山口駅に8時過ぎに到着。
実は前回安易に向かったところ、高尾山口駅に10時半についたときにはなんじゃこれ!ってぐらいの人の数で、登山道も渋滞で辟易しちゃった記憶がありました。
今回は反省も踏まえて早めに着いたところ、人の数は多いものの前回ほどではなく、さらに王道ではない細い山道の続く6号路(マップ参照)へ入りました。

シューズのおかげもあってか順調に登ることができ、予定より早く高尾山の頂上につくことができました。頂上へのルートはいくつかあってそれぞれ登って来られるので、頂上はやはり混雑していました。
まだ10時前だったこともあり、今回は「登山」というテーマだったので、さらに奥へと進むことにしました。

ここからははじめてのコース。高尾山山頂からさらに奥には、紅葉台、一兆平へと続く道がありました。
途中見晴らしのよい景色があったので眺めていたら、湖と高速道路らしきものが。。。あれ、あの湖はもしや相模湖?高速道路は中央道か!
年に1~2度車を走らせることのある道ですが、こうして上から眺めるのは初めて。そしてここは小仏峠。。。さらに高速道路は上りが渋滞しているのが見えました。ああ!ここが渋滞情報で有名な小仏トンネルの上か!渋滞にはまった方々には悪いけど、西東京の地理に疎い私はなんだか感動★
その日は連休終わりの2日前だったので東京に帰ってくる人がたくさんいたんですね・・・

道の途中にはきれいな彼岸花が咲いていました。






IMGP6380


IMGP6376
IMGP6375

 小仏水場

IMGP6369
小仏峠を過ぎて下山することに。
ここまで来ると、人もほとんどいなくて自然を楽しみながら歩くことができました。
くだりの道の脇にはずっと水が流れていて、足場の悪いところもたくさんありましたが、途中に水場もあって、東京でも沢の水が飲めるところあるんだ~と感動。

その後さらに下ってアスファルトの道に出て、小仏バス停からバスで高尾駅に戻りました。

 トータル3時間は歩きましたね。でも日ごろから筋トレ&運動をしているおかげか持久力はあったみたいで、すごく疲れた!というよりは心地よい疲労感で、翌日の筋肉痛もほとんどありませんでした。
普段満員電車で潰されながら仕事していると、こうして都会を離れて自然の中に漬かることってなかなか機会がなくて、でもほんと必要だなあって思いました。
今回は小仏峠までで帰って来ましたが、次回はさらにその奥まで挑戦してみたいと思います!
というわけで今回はシューズ+パンツを揃えまともな山登りをしたので「山ガール」デビュー!と言いたいところなんですが、悔しいことにどう頑張っても「ガール」じゃなくて・・・ほんとは「山おばさん」なんですけど笑

今回山登りをして気づいたのですが、一人で登っている年配の方がほんと多いことにびっくり。男性が大半でしたが、女性も何人もいらっしゃってすごいなあと。私も経験を積んで、あと10~20年したら立派な「山おばさん」として一人登山するのもいいなと思いました。

リフォームには関係のない話になっちゃいましたが、
これから紅葉の季節になりますし、皆さんも山に登ってリフレッシュしてみてはいかがですか?



 バックナンバー



ページ先頭へ戻る