東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、福島、栃木でリフォームをお考えなら、TOKAIWiLLリフォーム

  • 静岡TOKAIWILL
  • お問い合せ
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 価格から探す
  • TOKAIが選ばれる理由
  • よくある質問
  • 暮らしのアドバイス
プランナーの独り言
トップページ > プランナーの独り言 > プランナーの独り言(鈴木)2018.08.01:室内窓
spacer  
二級建築士・インテリアコーディネーター

鈴木 美奈子


連日の猛暑と、目もくらむ強い日差しにさらされて、体が悲鳴をあげている方も多くいらっしゃることでしょう。夏休みは涼を求めて避暑地に行きたいところです。水分補給に塩分補給等、熱中症対策をして、暑い夏を乗り切ってください。



今回は、『室内窓』についてのお話です。
            

~光や風、家族の気配を感じる室内窓~

室内窓とは・・・ 
外壁に取り付けるサッシとは異なり、採光や風通しを良くしたり、隣り合う部屋同士をつなげる役割を持つ、室内の間仕切り壁に取り付ける窓のことです。室内に窓?と思われるかもしれませんが、そのメリットは多くあります。 
               
       
main
  


  lasissa_window_light_img_13      

①部屋越しの光と風を取り込む

窓を開ければ風通しが良く、隣の部屋の光を取り込んでくれます。日の光が入りにくく,昼間でも薄暗い場所に設置すると、隣接する部屋から光を取り入れられるようになります。また、風通しの悪い部屋では、風の通り道ができて風通しが良くなります。



②家族とのコミュニケーション

子供部屋や書斎等、壁で囲われた個室よりも、室内窓によって様子のわかる程よい距離感が保てます。
仕事をしながらリビングの様子を感じ取れたり、家事をしながら子供を見守れたり・・・
壁に窓があることによって、明るく開放感が生まれ、家族との自然なコミュニケーションが生まれます。
   
   dekomado 




img60245454wmk-h600_s1 wmk-800_s1 ③インテリアとして

外に面した窓の場合、劣化を防ぐためにアルミや樹脂などのサッシを用いるのが一般的ですが、室内窓の場合は、木製フレームを取り付けることができます。木製なら色を塗ることだってできます。また、アンティークやレトロ感のあるものもあります。インテリアの雰囲気に合わせて空間をおしゃれに演出できます。





他にも、ランマ窓を設置すれば、窓が1カ所にしか設置できないような部屋でも、廊下や隣接する部屋から風を採り込むことができます。このタイプは、プライバシーを確保できるのが良いですね。                                    
  
lasissa_window_light_img_06         lasissa_window_light_img_07                                                                                                                                                                                                                                                                      




室内窓には、様々なメリットと魅力があることがお分かりいただけたでしょうか?
リフォームの際には、室内窓を取り入れて、おしゃれで居心地の良い空間を作ってみてはいかがでしょうか?
            







 
 バックナンバー



ページ先頭へ戻る