東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、福島、栃木でリフォームをお考えなら、TOKAIWiLLリフォーム

  • 静岡TOKAIWILL
  • お問い合せ
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 価格から探す
  • TOKAIが選ばれる理由
  • よくある質問
  • 暮らしのアドバイス
プランナーの独り言
トップページ > プランナーの独り言 > プランナーの独り言(鈴木)2019.04.01:サクラ材の魅力
spacer  
二級建築士・インテリアコーディネーター

鈴木 美奈子


桜が咲きこぼれ、心躍る季節となりました。

桜の木は、昔から建材や家具材に使われてきました。今回は『サクラ材』についてお話したいと思います。



桜は、バラ科サクラ属(スモモ属)に分類される落葉広葉樹です。 
            

    日本では固有種を含んだ10種類の基本の野生種、100種類以上の自生種があり、さらにこれから育成された園芸品種が200種以上あるといわれています。桜の名所と言われるところのほとんどに植えられているのが「ソメイヨシノ」です。木全体が淡いピンク色に染まり、本当に美しいですね。

ところが、ソメイヨシノは幹の中に空洞ができやすいなど、木材として使用することは難しく、建材や家具材としてはあまり使用されません。そのため木材の世界では、日本に10種あるサクラ属の基本野生種であるヤマザクラを「ホンザクラ」と呼び、サクラ材として多く使用されています。
ヤマザクラは、堅すぎず柔らかすぎない材質で、繊細な加工に向いており、様々な用途に使われてきました。  
       

        ソメイヨシノ                  ヤマザクラ
       ソメイヨシノ        ヤマザクラ    

       『山に咲く桜』であるため命名されたヤマザクラは、開花とともに若葉を開くのが特徴です。                         

     過去、建築家具業界では、桜に似たカバ材を通称で『サクラ材』と呼んで流通させていました。「樺桜」と言われていますが、「カバザクラ」という名前の木はなく、カバノキ科に属し、植物学的に桜とは異なる樹種です。しかし、カバザクラはヤマザクラに似て滑らかな木肌をしているため、サクラ材として使用されてきました。
『ホンザクラ』と記載されていれば、本物の桜の木が使われています。    
      

ヤマザクラの無垢のフローリング・家具のご紹介です。  
      FYZR02-122   1412146115_prd1

     
95_205__m_1495094193_cs38_83__m_1494998702_cs206_1__m_1498640755_cs
  出典:MARUHON HPより https://www.mokuzai.com

       yz-dt-555_5    yz-dt-555_1
  出典:木蔵(BOKURA)HPより http://www.bokura.co.jp

いかがですか?桜をイメージさせる木肌は、とても温かく優しい風合いを醸し出しています。
サクラ材に限らず、無垢材の種類は多くあります。木本来の肌触りや、経年によって深みを増す色の変化もまた、魅力の一つです。樹種によって木の表情は異なります。お好きな木を探して、家の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

          







 
 バックナンバー



ページ先頭へ戻る